出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

大江山の鬼伝説、魅力知って ファンらがフリーペーパー

福知山の鬼伝説を紹介するフリーペーパー「通信 鬼の絵詞」を手にする飛矢文さん(福知山市雲原・大江山鬼そば屋)
福知山の鬼伝説を紹介するフリーペーパー「通信 鬼の絵詞」を手にする飛矢文さん(福知山市雲原・大江山鬼そば屋)

 京都府福知山市雲原に伝わる鬼伝説のファンが、鬼の魅力を親しみやすく発信するフリーペーパー「通信 鬼の絵詞(えことば)」を発行した。2月には鬼好きが語り合うイベントも開く。2カ月に一度の発行を目指し、「福知山の一面を知るきっかけになれば」と意気込んでいる。

 発起人は、雲原の老舗そば店「大江山 鬼そば屋」で店主を務める佐々井飛矢文さん(32)。大学院の研究で雲原を訪れた縁で、3年前に埼玉県から移住した。地元に伝わる鬼伝説で地域を活性化しようと、鬼好きの知人に呼び掛け、昨年12月に第1号を発行した。

 通信はA4判の裏表1枚で、酒吞童子が登場する江戸の大衆文学「前太平記」の解説や、酒呑童子の4コマ漫画を掲載。鬼への思いをつづるエッセーもあり、第1号では、酒呑童子で卒論を書いた東京都の会社員女性(24)が、中学時代に読んだ漫画がきっかけという「酒吞童子との出会い」を、熱く記した。

 第1号は約200部で、鬼そば屋や市役所(同市内記)、日本の鬼の交流博物館(雲原佛性寺)などで配布中。イベントは2月11日午後2時、鬼そば屋で開催する。問い合わせは同店0773(36)0016。

【 2018年01月25日 15時20分 】

ニュース写真

  • 福知山の鬼伝説を紹介するフリーペーパー「通信 鬼の絵詞」を手にする飛矢文さん(福知山市雲原・大江山鬼そば屋)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      露店爆発、犠牲者を追悼 京都・福知山

      20180816000175

       3人が死亡した京都府福知山市の露店爆発事故の犠牲者追悼法要が16日、同市中ノの市厚生会..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本男子は初勝利
      バスケットボール・16日

      20180816000218

       バスケットボール男子の1次リーグC組で前回の2014年仁川大会銅メダルの日本はカタール..... [ 記事へ ]

      経済

      エアアジア、欧米便に意欲
      日本発着の国際線強化も

      20180816000157

       マレーシアの格安航空会社(LCC)大手エアアジア・グループのトニー・フェルナンデス最高..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      琵琶湖固有種に海水魚の特徴 イサザ、脂肪酸多く低温適応か

      20180816000134

       ハゼ科の魚で琵琶湖固有種のイサザは、海水魚に特徴的な脂肪酸を多く持つ-。そんな研究成果..... [ 記事へ ]

      国際

      インドのバジパイ元首相が死去
      98年に核実験を実施

      20180816000213

       【ニューデリー共同】インドメディアによると、同国が1998年に核実験を実施した際に首相..... [ 記事へ ]