出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

水の恵み、琵琶湖の旅に評価 滋賀の2団体が受賞

水の里の旅コンテストの最優秀賞受賞を報告する「マイクリング・プロジェクト」のメンバーら(滋賀県庁)
水の里の旅コンテストの最優秀賞受賞を報告する「マイクリング・プロジェクト」のメンバーら(滋賀県庁)

 水の恵みに触れる旅行プランを募る「水の里の旅コンテスト」(国土交通省主催)で、滋賀県米原市の市民団体「マイクリング・プロジェクト」や同市など3者の企画が最優秀賞、長浜市の社団法人「北びわこふるさと観光公社」が優秀賞に選ばれた。

 米原市は「びわ湖の素・米原 日本遺産と水源の旅」と題し、自転車でJR米原駅から風情ある街並みの醒井宿や、伊吹山の景観、五色の滝や琵琶湖の夕日などを楽しむ1泊2日のツアーを提案。18日に滋賀県庁で受賞報告し、プロジェクトの川﨑一良代表は「全国に広めていきたい」と語った。

 公社は「びわ湖の水の恵みを感じてふれあう旅」がテーマ。野鳥観察や山門水源の森の湿原散策、水害対策として掘られた西野水道など湖北の自然や歴史、暮らしを訪ねる企画が評価された。

【 2018年02月06日 12時50分 】

ニュース写真

  • 水の里の旅コンテストの最優秀賞受賞を報告する「マイクリング・プロジェクト」のメンバーら(滋賀県庁)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース