出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

雪の伊吹山背景、盆梅に小さな春 滋賀・米原で展示

伊吹山や田園の雪景色を背景に花を付ける盆梅(滋賀県米原市池下・グリーンパーク山東)
伊吹山や田園の雪景色を背景に花を付ける盆梅(滋賀県米原市池下・グリーンパーク山東)

 滋賀県米原市池下のグリーンパーク山東で「鴨の里盆梅展 幸福を呼ぶおもと展」が開かれている。厳しい寒さが続く中、古枝に咲く一輪一輪の梅が春が近いことをひっそりと知らせている。

 地元の愛好家26人が丹精込めた盆梅約100鉢を展示。おもとは赤い実を付けた実付万年青など約50鉢が並ぶ。会場には高さ3メートルを超える「不動」や、薄いピンクの花を満開にした「白鳳」などが、ふくいくとした香りを漂わせている。

 市山東盆梅愛好会の堀田全孝会長(85)=同市市場=によると、「今年は寒さが厳しいため、例年より開花が遅れている。今月中旬以降が見頃では」と話す。3月11日まで(会期中無休)。有料。

 近くの伊吹薬草の里文化センター(同市春照)でも約35鉢を飾る「伊吹盆梅展」を開催中。3月4日まで。月曜と13日休館(12日は営業)。無料。

【 2018年02月07日 20時50分 】

ニュース写真

  • 伊吹山や田園の雪景色を背景に花を付ける盆梅(滋賀県米原市池下・グリーンパーク山東)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース