出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

国宝お守り内部に緻密如来像 平安期の「懸守」CTで判明

懸守の内部に納入されていた彫刻の3Dプリンターによる再現品(9日10時40分、京都市東山区・京都国立博物館)
懸守の内部に納入されていた彫刻の3Dプリンターによる再現品(9日10時40分、京都市東山区・京都国立博物館)

 平安時代のお守りの国宝「懸守(かけまもり)」(大阪市・四天王寺所蔵)に、小指大の緻密な如来像が納められていたと、京都市東山区の京都国立博物館が9日、発表した。エックス線コンピューター断層撮影(CT)調査で判明した。

 懸守は護符などを入れ、首にかけて用いられた。四天王寺の7点は手のひらサイズで、外側に華やかな文様織物が貼られ、精巧な装飾金具が施された当時の最高級品。12世紀に高貴な人物が奉納したとされる。

 昨年の国宝展を機に、同博物館が調査。桜花形の懸守1点の内部に、仏像と容器が一体となった容器「仏龕(ぶつがん)」(高さ5・5センチ、直径2・3センチ)を確認。香木のビャクダンを彫ったとみられる。2分割できる構造で、内部に如来立像や祭壇が彫られ、格子状の文様が周囲に施されていた。調査データを基に3Dプリンターによる再現品も制作した。

 四天王寺によると、平安時代に仏像そのものをお守りに入れて携帯した行為を示す初めての事例という。同博物館の山川曉工芸室長は「大規模な寺院や仏像だけでなく、身近なお守りの見えない部分にも技術の粋を集めていた。平安王朝の華やかな信仰の形を示している」と述べた。

 今回の懸守は4月21日~5月6日、四天王寺宝物館で公開される。有料。

【 2018年02月09日 12時11分 】

ニュース写真

  • 懸守の内部に納入されていた彫刻の3Dプリンターによる再現品(9日10時40分、京都市東山区・京都国立博物館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      成田空港でシステム障害
      搭乗手続き、欠航や遅延も

      20180918000079

       18日午前11時50分ごろ、成田空港の第2ターミナルで、搭乗手続きに関係するシステムに..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカーACL、鹿島が初の4強
      天津権健下す

      20180918000175

       【マカオ共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は18日、マカオでホーム..... [ 記事へ ]

      経済

      和洋酒売り場拡張、京都の百貨店最大級に JR伊勢丹

      20180918000088

       ジェイアール京都伊勢丹(京都市下京区)は11月7日、京都の百貨店で最大級となる和洋酒の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ゴーン三菱自会長「多様性は力に」 京都で学生らと対話集会

      20180918000021

       三菱自動車のカルロス・ゴーン会長と学生らによる対話集会が17日、京都市上京区の同志社大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      追い込み漁で今季初捕獲、和歌山
      ハナゴンドウ4頭

      20180918000121

       和歌山県太地町で18日、町漁業協同組合の船団が、1日に解禁された小型鯨類の追い込み漁を..... [ 記事へ ]

      国際

      仏内相、19年にも辞任意向
      マクロン政権失速の印象強まる

      20180918000132

       【パリ共同】フランスのマクロン政権の有力閣僚コロン内相(71)は、南部リヨン市長への復..... [ 記事へ ]