出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

平安京の公設市場に厨房? 京都、皿底に「廚」の文字

東市跡で見つかった「厨」と刻まれた緑釉陶器の皿底の一部
東市跡で見つかった「厨」と刻まれた緑釉陶器の皿底の一部

 平安京の公設市場「東市」に、役人の食事を担う厨房(ちゅうぼう)があった―。龍谷大大宮キャンパス(京都市下京区)で行われた東市跡の発掘調査に伴う昨年の整理作業で、皿底の一部に調理場を意味する「厨(くりや)」の文字が刻まれていることが分かった。東市を管理した役所「市司(いちのつかさ)」の調理場に関する皿とみられ、施設の配置など不明な点が多い市場内を知る上で貴重な発見という。

 東市は、現在の大宮通と堀川通、正面通と七条通に囲まれた範囲に店や役所などが設けられ、周辺の「外町」に関係者が住んでいたと考えられている。

 中世の公家の百科事典「拾芥抄(しゅうがいしょう)」や13世紀の絵図によると、「市司」の位置は大宮キャンパスにあたるが、これまでの発掘調査で明確な遺構や遺物は確認されていなかった。

 今回見つかったのは、京都近郊産とみられる緑釉(りょくゆう)陶器の直径約10センチの皿底で、とがった工具で「厨」と刻まれていた。9世紀後半の1・6メートル四方の方形木組み井戸跡から、瓦や土師(はじ)器と一緒に出土した。調査した龍谷大の國下多美樹教授(考古学)は「瓦屋根は当時、寺院や役所などに限られており、井戸や出土品は市司に関連する可能性が高い。料理を盛った皿を調理場から市司に届け、後で回収できるよう目印を刻んだのだろう」と推測する。

 西山良平京都大名誉教授(日本古代・中世史)は「市司の推定場所で得られた貴重な物証だ。今後の研究や発掘調査を進める上で指標となる発見だ」と注目している。

 発掘調査は終了している。

【 2018年02月10日 21時00分 】

ニュース写真

  • 東市跡で見つかった「厨」と刻まれた緑釉陶器の皿底の一部
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      露店爆発現場付近で花火打ち上げ 京都、被害者反発も

      20180818000161

       京都府福知山市の花火大会で58人が死傷した露店爆発事故現場近くの由良川河川敷で18日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サッカー、武藤は後半途中出場
      プレミアリーグ

      20180819000003

       【カーディフ(英国)共同】サッカーのイングランド・プレミアリーグでニューカッスルの武藤..... [ 記事へ ]

      経済

      ビワイチ初心者も安心「自転車まるごとタクシー」 滋賀

      20180818000082

       近江タクシー(滋賀県彦根市)は、県内全域で自転車を解体せずに積み込んで一緒に移動できる..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学校にユニバーサルデザイン 誰もが学びやすく

      20180818000145

       京都市立の小中学校で、障害の有無や個人の特性に関わらず誰もが問題なく学校生活を送れるよ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]

      国際

      トルコ大統領、米陰謀示唆
      リラ急落は「クーデター」

      20180818000173

       【アンカラ共同】トルコのエルドアン大統領は18日の演説で、米国との対立を背景とした通貨..... [ 記事へ ]