出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

名物「カレー焼きのおばちゃん」死去 京都、愛され半世紀

宮津名物のカレー焼きを作る松田さん。庶民の味を守り続けた(2006年、宮津市鶴賀)
宮津名物のカレー焼きを作る松田さん。庶民の味を守り続けた(2006年、宮津市鶴賀)

 京都府宮津市鶴賀の駅前通りに半世紀にわたって店を開き、「カレー焼きのおばちゃん」として親しまれた松田一枝さんが1月末、78歳で亡くなった。地元の人なら知らない人はいないと言われ、幅広い世代に愛されたソウルフード。松田さんの親しみやすい人柄とともに「もう食べられないのか」と惜しむ声が上がっている。

 カレー焼きは大判焼きを棒状に焼いたもので、中にはキャベツ入りのカレーが詰まっている。中身は他に粒あんやクリームもある。松田さんは1966年にカレー焼きの店「あかふく」を開店。子どもの小遣いでも買える値段で、素朴で懐かしい味は地元住民だけでなく通学の中高生や出張の会社員らにも人気だった。

 「味もおばちゃんも昔から全然変わっていない」と話すのは同市蛭子の管理栄養士高岡弘美さん(57)。「中学生でも気楽に行けて、同級生4、5人で話しながら食べた。『今日のテストどうやった』と聞いてくれて近所のおばちゃんみたいで安心感があった」。2人の娘たちも幼い頃からカレー焼きを食べて育ち、親子2代でファンを自認する。

 手軽に買える手土産として市外在住者にも親しまれた。北風順之さん(83)=与謝野町加悦奥=は「織物業をしていた頃、住み込みの織り手さんたちに食べてもらうため、宮津に行った時にはよく買って帰った」と振り返る。

 長年住民に愛され、宮津名物とまで呼ばれるようになったカレー焼き。友人らと丹後のグルメなどを紹介するガイド本を制作中の料理研究家小松美香さん(44)=舞鶴市南田辺=は、宮津のページでカレー焼きを紹介するつもりだったが、訃報に接して急きょ別の店に差し替えた。「おばちゃんも含めて名物。多くの人に会いに行って食べてほしかった」と惜しんだ。

【 2018年02月27日 11時30分 】

ニュース写真

  • 宮津名物のカレー焼きを作る松田さん。庶民の味を守り続けた(2006年、宮津市鶴賀)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース