出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

金色に輝く秘仏、222年ぶり公開 京都・清水寺

随求堂内で222年ぶりに公開された本尊大随求菩薩坐像(京都市東山区・清水寺)
随求堂内で222年ぶりに公開された本尊大随求菩薩坐像(京都市東山区・清水寺)

 京都市東山区の清水寺は2日、境内にある随求(ずいぐ)堂の本尊大随求菩薩坐像(ざぞう)の公開を始めた。堂内での公開は222年ぶり。参拝者は本尊をじっくりと観察し、手を合わせていた。

 同寺は観音霊場「西国三十三所」の第16番札所。今年が西国霊場の草創1300年に当たり、記念事業として特別に公開した。

 像高110センチで、8本の腕を持ち、円形光背には金泥(きんでい)の梵字(ぼんじ)が施されていて江戸時代中期の美術工芸の華麗さがうかがえる。公開は18日までと、10月5~15日。拝観料は普段の「胎内巡り」と合わせて100円。

【 2018年03月02日 13時50分 】

ニュース写真

  • 随求堂内で222年ぶりに公開された本尊大随求菩薩坐像(京都市東山区・清水寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース