出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

江若鉄道で唯一現存、三角屋根の近江今津駅舎解体へ

近く解体される見通しとなった江若鉄道近江今津駅舎(高島市今津町住吉2丁目)
近く解体される見通しとなった江若鉄道近江今津駅舎(高島市今津町住吉2丁目)

 滋賀県の湖西地域を走り、およそ半世紀前に廃止された江若(こうじゃく)鉄道で、唯一現存している近江今津駅舎(高島市今津町住吉2丁目)が、近く解体されることが、2日までに分かった。老朽化と跡地活用が理由で、所有しているJA今津町は、早ければ今春にも工事に着手したい考え。交通の要衝として栄えたまちのシンボルの一つだけに、住民や鉄道ファンの間に惜別の声が広がりそうだ。

 同駅舎は江若鉄道が今津に延伸される前月の1930(昭和5)年12月に完成した、三角屋根が印象的な木造2階建てのモダン建築だ。69(同44)年の廃止後、今津町農協が引き取り、農協の旅行センターや、テナントの飲食店などが営業していた。現在はJAが経営するスーパーの倉庫として使われている。内部は改装されているものの、外見はおおむね往事の面影をとどめている。

 建設から約90年が過ぎ、老朽化が激しいことから、JAは数年前から解体を検討してきた。「台風や大雪で屋根瓦がはがれ落ちることも考えられ、安全面で課題がある。これ以上の保存は難しい」と説明する。跡地は当面、駐車場とする方針。

 市教育委員会は昨年末、「指定文化財ではないが、地域にとって貴重な遺構」として、駅舎の保存を文書で求めた。市教委文化財課は「今も鉄道ファンから場所などの問い合わせがあるが、所有者に保存の考えがない以上、市としてできることには限界がある」と残念がる。

 地元の観光ボランティア「今津ガイド勉強会」事務局の吉本眞世さん(73)は「今津のまちを案内する際は、旧今津郵便局などのヴォーリズ建築と共に、必ずコースに組み入れていた。個人的にも江若時代の思い出もあり、なくなるのはさみしい」と話す。

【 2018年03月03日 16時00分 】

ニュース写真

  • 近く解体される見通しとなった江若鉄道近江今津駅舎(高島市今津町住吉2丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      強い台風19号、西日本接近も
      小笠原近海を北上

      20180818000047

       強い台風19号は18日、小笠原近海を北寄りに進んだ。周辺海域は風雨が強まりしける見通し..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      報徳学園2―3済美
      済美が競り勝つ

      20180818000090

       済美が競り勝った。1―1の五回1死満塁から芦谷の右前適時打で勝ち越し、九回にも芦谷の適..... [ 記事へ ]

      経済

      ビワイチ初心者も安心「自転車まるごとタクシー」 滋賀

      20180818000082

       近江タクシー(滋賀県彦根市)は、県内全域で自転車を解体せずに積み込んで一緒に移動できる..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      発達障害テーマ、教職員500人がセミナー参加 京都・亀岡

      20180818000074

       京都府亀岡市の教職員向け教育セミナーが17日、同市余部町のガレリアかめおかであった。教..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]

      国際

      司法省職員も機密権剥奪へ
      トランプ大統領「早急に」

      20180818000012

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は17日、司法省の現役職員ブルース・オー氏から政府機..... [ 記事へ ]