出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

梅の花、ようやく見頃に 滋賀・石山寺

雨の中、しっとりと花を咲かせた梅(5日午前11時15分、大津市・石山寺)
雨の中、しっとりと花を咲かせた梅(5日午前11時15分、大津市・石山寺)

 大津市の石山寺で、冷え込みのため開花が遅れていた梅の花がようやく見頃を迎えた。6日は冬ごもりの虫がはい出るという二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」。雨の中、しっとりと咲く赤や白の花に、訪れた人が春の雰囲気を感じている。

 同寺では約5千平方メートルの梅園に、約40種400本が植えられている。今年は冬の寒さの影響で花が例年より1カ月ほど遅れ、今は五分咲きになっている。

 5日は朝から降り続く雨の中、傘を差した参拝者が園内を歩き、赤やピンクに色づいたかれんな花を見上げていた。

 18日まで盆梅展などのイベント「石山寺 梅つくし」が開かれている。午前8時~午後4時。拝観料600円。

【 2018年03月05日 23時00分 】

ニュース写真

  • 雨の中、しっとりと花を咲かせた梅(5日午前11時15分、大津市・石山寺)
岸田繁 交響曲第一番・第二番 連続演奏会 2019.10.5

    観光・社寺のニュース