出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ジャズ精神感じる陶芸 滋賀、熊倉順吉の92点展示

ジャズ音楽を手掛かりに制作した熊倉の「飛翔するSOUND」などが並ぶ会場(甲賀市信楽町・滋賀県立陶芸の森)
ジャズ音楽を手掛かりに制作した熊倉の「飛翔するSOUND」などが並ぶ会場(甲賀市信楽町・滋賀県立陶芸の森)

 第2次世界大戦後の前衛陶芸のパイオニア、熊倉順吉の作品を紹介する特別企画「ジャズ・スピリットを感じて…熊倉順吉の陶芸×21世紀の陶芸家たち展」(京都新聞など主催)が10日、甲賀市信楽町の滋賀県立陶芸の森で始まった。ジャズの精神を表現した熊倉の作品92点を並べ、情熱あふれる生涯をたどる。

 熊倉は京都市東山区出身。1959年から県立信楽窯業試験場の嘱託となり、低迷していた火鉢生産に代わる信楽焼の新商品開発に携わった。70~80年代は好きなジャズを手掛かりに創作活動を続けた。

 「飛翔するSOUND(サウンド)」は、火鉢に用いた藍色の海鼠釉(なまこゆう)でモダンに仕上げて音空間を表現。ブルース歌手をイメージした「ブルースマン」、ピアノの鍵盤をモチーフにしたオブジェなど新たな造形に挑んだ様子がうかがえる。

 60年代は土の量感を生かした作風が色濃く、50年代は抽象的な模様を描いた皿や器などが多い。会場では熊倉が愛した曲も流れ、信楽で創作活動に取り組んだ若手作家8人の作品も紹介する。6月17日まで。月曜休館(4月30日は開館、5月1日休館)。有料。

【 2018年03月10日 21時10分 】

ニュース写真

  • ジャズ音楽を手掛かりに制作した熊倉の「飛翔するSOUND」などが並ぶ会場(甲賀市信楽町・滋賀県立陶芸の森)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      安倍首相、トランプ氏と夕食会
      NY到着、貿易議論も

      20180924000005

       【ニューヨーク共同】安倍晋三首相は23日午後(日本時間24日午前)、国連総会出席のため..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ベティス乾、後半に途中出場
      サッカー、スペイン1部

      20180924000019

       【セビリア(スペイン)共同】サッカーのスペイン1部リーグ、ベティスの乾貴士は23日、ホ..... [ 記事へ ]

      経済

      イラン供給減の対策見送り
      産油国、6月増産合意確認

      20180924000003

       【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国は、協調減産の状況を点..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      築100年吉田寮、どう活用? 京大でシンポ

      20180923000113

       築100年を超す京都大吉田寮の老朽化対策や学生寮以外の活用法について考えるシンポジウム..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]

      国際

      正恩氏、大同江の水質に懸念示す
      ソウル市長に

      20180923000119

       【ソウル共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、平壌を流れる大同江の水質に懸念を示して..... [ 記事へ ]