出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

関雪の名作、100年ぶり帰還 京都・白沙村荘記念館で展示

100年ぶりに里帰りした「木蘭」などが並ぶ「名作の帰還」展の会場(京都市左京区・白沙村荘橋本関雪記念館)
100年ぶりに里帰りした「木蘭」などが並ぶ「名作の帰還」展の会場(京都市左京区・白沙村荘橋本関雪記念館)

 京の日本画家橋本関雪(1883~1945年)が100年前に手がけた大作屏風(びょうぶ)「木蘭(もくらん)」など3作が、画室のある白沙村荘橋本関雪記念館(京都市左京区)に新たに収蔵された。1世紀ぶりに制作された場所に戻り、17日に同館で始まった「名作の帰還」展で公開されている。

 中国の民話が画題の「木蘭」は1918(大正7)年、第12回文展で特選を受賞した代表作の一つ。老いた父に代わり、男装して出征した娘木蘭が自軍を勝利に導き、帰郷を許される。その帰途、馬を休ませるひとときを描く。木陰でかぶとを脱いだ木蘭がふと見せる少女の優しい表情、服の鮮やかな群青色が印象的な逸品だ。関雪のひ孫の橋本眞次副館長は「人物画の中でも人気が高い。話の中の木蘭のように長い旅を終えて帰ってきたよう」と喜ぶ。

 また、唐の詩人白居易が、船上で琵琶を奏でる女性と出会う場面を描いた屏風「琵琶行」(1910年制作)は、水面の白い光の反射、風の動きが、画面にはない月の存在を知らせる。もう1点は関雪が得意としたサルの作品「秋桜老猿」(38年)で、墨と金で体毛を巧みに表現している。

 これまで3点とも千葉県のDIC川村記念美術館に長く収蔵されていた。同展は5月13日まで。有料。

【 2018年03月18日 09時55分 】

ニュース写真

  • 100年ぶりに里帰りした「木蘭」などが並ぶ「名作の帰還」展の会場(京都市左京区・白沙村荘橋本関雪記念館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      露店爆発現場付近で花火打ち上げ 京都、被害者反発も

      20180818000161

       京都府福知山市の花火大会で58人が死傷した露店爆発事故現場近くの由良川河川敷で18日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      01年以来の4強ならず 近江、2点スクイズ逆転サヨナラ

      20180818000162

       第100回全国高校野球選手権第14日は18日、兵庫県西宮市の甲子園球場で準々決勝4試合..... [ 記事へ ]

      経済

      ビワイチ初心者も安心「自転車まるごとタクシー」 滋賀

      20180818000082

       近江タクシー(滋賀県彦根市)は、県内全域で自転車を解体せずに積み込んで一緒に移動できる..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学校にユニバーサルデザイン 誰もが学びやすく

      20180818000145

       京都市立の小中学校で、障害の有無や個人の特性に関わらず誰もが問題なく学校生活を送れるよ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]

      国際

      トルコ大統領、米陰謀示唆
      リラ急落は「クーデター」

      20180818000173

       【アンカラ共同】トルコのエルドアン大統領は18日の演説で、米国との対立を背景とした通貨..... [ 記事へ ]