出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

祇園祭ごみ収集、クラファン活用 返礼品にちまき、昼食会

山鉾巡行を見ようと詰めかけた見物客で埋め尽くされた四条通(17日午前9時37分、京都市下京区・四条木屋町から西を望む)
山鉾巡行を見ようと詰めかけた見物客で埋め尽くされた四条通(17日午前9時37分、京都市下京区・四条木屋町から西を望む)

 祇園祭山鉾連合会(京都市中京区)は16日、宵山期間に出るごみ収集費用などに充てるため、インターネット上で寄付を募るクラウドファンディングを同日から始めた、と発表した。連合会は昨年も警備費用を募るためにクラウドファンディングを活用しており、2回目の実施となる。

 宵山期間中、一般社団法人「祇園祭ごみゼロ大作戦」(中京区)が露店で再利用可能なリユース食器の使用を進め、ごみ減量に取り組んでいる。しかし、同法人によると近年、来場者1人当たりのごみの量は増加傾向で、収集拠点の設置や食器洗浄にも多額の経費がかかっている。

 連合会は昨年、警備費用捻出のため、東京の会社と連携して初めてクラウドファンディングに取り組み、約1380万円の寄付を集めた。今年はその実績を生かし、警備費用に加え、ごみ対策にも寄付を求めることにした。

 寄付は3コース。寄付額に応じて、手ぬぐい(5千円)や限定の厄よけちまき(1万円)、八坂神社正式参拝と連合会理事長らとの昼食会(10万円)などを「返礼品」として贈る。

 連合会の岸本吉博理事長(69)は「1千万円程度集まることを期待している。山鉾巡行は町をはらい清める意味があるのに、ごみが散乱していては話にならない。美しいお祭りであるために支援をいただきたい」と呼び掛けた。6月15日まで連合会ホームページで受け付ける。

【 2018年04月16日 23時20分 】

ニュース写真

  • 山鉾巡行を見ようと詰めかけた見物客で埋め尽くされた四条通(17日午前9時37分、京都市下京区・四条木屋町から西を望む)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース