出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ジャンプする姿や給食にフォーカス 京都で小学生の写真展

児童が思い思いに写した写真を見る来場者ら(京都市中京区、京都万華鏡ミュージアム姉小路館ギャラリー)
児童が思い思いに写した写真を見る来場者ら(京都市中京区、京都万華鏡ミュージアム姉小路館ギャラリー)

 京都市中京区の高倉小の児童が撮影した写真展が27日、同区の京都万華鏡ミュージアム姉小路館ギャラリーで始まった。「UP」をテーマに、個性あふれる作品100点余りが並んだ。

 京都で開催中の写真祭「KYOTOGRAPHIE」の協力で6年生が図工の授業として取り組んだ。空に向かってジャンプする姿や食べ終わった給食にレンズを向けた。

 会場を訪れた松村弘子さん(85)=中京区=は「上手にピントが合っていて、子供が写したとは思えない」と見入っていた。29日まで。午前10時~午後5時。入場無料。

【 2018年04月27日 21時30分 】

ニュース写真

  • 児童が思い思いに写した写真を見る来場者ら(京都市中京区、京都万華鏡ミュージアム姉小路館ギャラリー)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース