出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

陸前高田・被災流木の像を解説 清水寺参道に扁額設置

大日堂の前に設置された扁額(京都市東山区)
大日堂の前に設置された扁額(京都市東山区)

 東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市の流木で作られた大日如来坐像を安置する清水寺の塔頭、真福寺(大日堂、京都市東山区)に、像が制作された由来を解説する扁額(へんがく)がこのほど設置された。観光客でにぎわう清水寺参道で、被災地の復興と鎮魂への思いを親しみやすい絵とともに紹介している。

 扁額は、仏像を制作した学校法人二本松学院京都伝統工芸大学校が奉納した。縦約0・8メートル、横約1・8メートルのケヤキの一枚板を使用し、京都美術工芸大教授の木工芸作家宮本貞治さんが制作した。絵画は画家の諫山(いさやま)恵実(宝樹(たまじゅ))さんが担当し、陸前高田の奇跡の一本松から清水寺へ子どもたちが行列する姿をカラフルに描いている。

 清水寺の森清範貫主直筆の解説文では、同校の学生たちが名勝「高田松原」の流木のマツを材料に、鎮魂の思いを込めて像を制作した経緯を説明している。

 このほど現地で営まれた奉納式では、学校法人二本松学院の新谷秀一理事長が清水寺側に目録を手渡した。同寺は「参道を歩く人たちに扁額を見て像の由来を深く知ってもらいたい」と話している。

【 2018年05月16日 22時09分 】

ニュース写真

  • 大日堂の前に設置された扁額(京都市東山区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「窃盗症」医療支援が急務 衝動的に万引繰り返す精神疾患

      20180820000060

       窃盗罪での再犯者の割合がここ約20年で増加している中、金銭的な理由ではなく、衝動的に万..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バスケ4選手の代表認定取り消し
      ジャカルタ・アジア大会

      20180820000064

       【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表が公式ウエアで市..... [ 記事へ ]

      経済

      抗がん剤、成果に手応え バイオベンチャー、攻めの投資

      20180820000058

       人類はがんを克服できるのではないか-。 皮膚がんの一種、悪性黒色腫(メラノーマ)治療の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]

      国際

      ロンボク島地震で2人死亡
      余震が頻発、通信網も遮断

      20180820000047

       【ジャカルタ共同】インドネシア・バリ島の東隣にあるロンボク島で19日夜、マグニチュード..... [ 記事へ ]