出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ひこねお城大使に大学生2人 滋賀、SNSでも魅力発信

新しく「ひこねお城大使」に就任した北川さん(左)と泊さん=彦根市中央町・彦根商工会議所
新しく「ひこねお城大使」に就任した北川さん(左)と泊さん=彦根市中央町・彦根商工会議所

 滋賀県彦根市の彦根観光協会は、市のPRを担う本年度の「ひこねお城大使」2人を選んだ。いずれも市内に住む大学生の泊幸希さん(22)と北川穂花さん(20)で、選任式では「風格と魅力ある街、彦根のPRに誠意を持って奉仕します」と誓いの言葉を述べた。

 同大使は2001年から選出しており、今回で18代目。式で前任者からタスキを受け取った泊さんは「彦根の神社仏閣や歴史を深く知っていただきたい」。北川さんは「知らない魅力など勉強して伝えたい。SNS(会員制交流サイト)でも発信していきたい」と抱負を述べた。

 任期は来年5月末まで。2人は、ゆかたまつりなど市内のイベントに参加したり、交流都市を訪ねたりして彦根のイメージアップを担う。

【 2018年05月31日 11時06分 】

ニュース写真

  • 新しく「ひこねお城大使」に就任した北川さん(左)と泊さん=彦根市中央町・彦根商工会議所
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース