出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ジャガイモごろごろ、子どもら収穫 京都・久御山で催し

ジャガイモを収穫する子どもたち(京都府久御山町佐山)
ジャガイモを収穫する子どもたち(京都府久御山町佐山)

 京都府久御山町佐山地域の子どもたちと住民が交流を図る「佐山まなび塾」が2日、佐山南公園周辺で開かれた。子どもたちはジャガイモ収穫などの農作業体験や、スポーツを満喫した。

 佐山まなび塾は、子どもたちと地域のつながりを深めようと住民が運営し、年間を通じてスポーツや農作業体験などに取り組んでいる。

 この日は、30人の子どもたちが参加した。まなび塾代表の坂正義さんが所有する約200平方メートルの畑で、サツマイモの苗を植えたり、ジャガイモを収穫したりした。子どもたちは、互いが収穫したジャガイモの大きさを比べるなどして楽しんでいた。農作業体験の後、佐山南公園でグラウンドゴルフも行われた。

 佐山小3年の川口蒼太君(8)は「ジャガイモがたくさん採れてうれしかった。バターをのせて、焼いて食べたい」と話していた。

【 2018年06月03日 18時50分 】

ニュース写真

  • ジャガイモを収穫する子どもたち(京都府久御山町佐山)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース