出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都の「ろうじ」で古本市復活 15日から、12店舗が参加

「14年ぶり」に古本市が復活する京都文化博物館の「ろうじ店舗」(京都市中京区)
「14年ぶり」に古本市が復活する京都文化博物館の「ろうじ店舗」(京都市中京区)

 京都文化博物館(京都市中京区三条高倉)にある江戸時代末期の京の町並みを再現した「ろうじ店舗」でかつて開かれていた古本市が今月復活する。同館の開館30周年を記念した企画で、14年ぶり。京都の古書店12店が計6日間出店し、格子戸を背にした「路地」に古本が並ぶ趣向が人気を呼びそうだ。

 ろうじ店舗は、館内に酒屋や炭屋などの外観を再現しており、京料理やそば、伝統工芸品を販売する店が入っている。

 テナントでつくる「ろうじ店舗博和会」が来館につなげるため、「ろうじの古本市」として年2回開いていた。店舗の前の「路地」に棚を並べ、販売したという。同館によると、2004年春まで8年ほど続いたという。館の節目にあわせて復活が決まった。

 「夏越の古書市」と題して、以前と同様の形で古本を販売する。「前まつり」として15~17日、「後まつり」として22~24日(いずれも午前10時~午後7時半)に行う。春夏秋に「京の三大古本まつり」を開いている京都古書研究会のメンバー店が両期間にそれぞれ6店出店する。

 古本市では、同館で開催中の特別展「オットー・ネーベル展」にあわせ、建築や演劇、音楽などの古書も多く扱う予定。京都古書研究会の事業部長を務める萩書房一乗寺店(左京区)の井上賢次店長(59)は「天候に左右されず、京都らしい雰囲気の中でゆっくり古書の探索を楽しんでほしい」と話している。

【 2018年06月08日 14時00分 】

ニュース写真

  • 「14年ぶり」に古本市が復活する京都文化博物館の「ろうじ店舗」(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      露店爆発現場付近で花火打ち上げ 京都、被害者反発も

      20180818000161

       京都府福知山市の花火大会で58人が死傷した露店爆発事故現場近くの由良川河川敷で18日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      サンガ3連勝、最下位脱出 J2、山口破る

      20180818000172

       サッカーJ2の第29節は18日、維新みらいふスタジアムほかで10試合を行い、京都サンガ..... [ 記事へ ]

      経済

      ビワイチ初心者も安心「自転車まるごとタクシー」 滋賀

      20180818000082

       近江タクシー(滋賀県彦根市)は、県内全域で自転車を解体せずに積み込んで一緒に移動できる..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学校にユニバーサルデザイン 誰もが学びやすく

      20180818000145

       京都市立の小中学校で、障害の有無や個人の特性に関わらず誰もが問題なく学校生活を送れるよ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]

      国際

      トルコ大統領、米陰謀示唆
      リラ急落は「クーデター」

      20180818000173

       【アンカラ共同】トルコのエルドアン大統領は18日の演説で、米国との対立を背景とした通貨..... [ 記事へ ]