出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

太子山の胴掛、243年ぶり新調 祇園祭、ベトナム刺繍で

今年完成した太子山の右側を飾るベトナム刺繍の胴掛+(京都市下京区・下京雅小)
今年完成した太子山の右側を飾るベトナム刺繍の胴掛+(京都市下京区・下京雅小)

 祇園祭の太子山保存会(京都市下京区油小路通仏光寺下ル)がベトナムで制作を進めていた懸装品が完成し、9日に胴掛2枚がそろって報道陣に公開された。243年ぶりの新調で、ベトナム刺繍(ししゅう)による黄金のクジャクや色とりどりの花の図案が美しく、前祭(さきまつり)の山鉾巡行(7月17日)で一対そろって初めて使用される。

 昨年には山の左側を飾る1枚目の胴掛が完成。今年できた2枚目は同サイズの縦1・7メートル、横2・4メートルで山の右側を飾る。金色のクジャクを中心に多くの花と動物が彩るデザインで制作に1年2カ月かかった。綴(つづ)れ織りの紺地はブラジルの高級絹糸を用い、地の部分は金糸の「スガ刺繍」という技法で飾っている。

 従来の胴掛は18世紀前半に制作されたインド刺繍の懸装品だったが、復元に多大な資金がかかるため、新調することになった。描かれていた「生命の樹」と「クジャク」をモチーフに図案は着物意匠デザイナーの原田茂さん(68)が担当。保存会評議員の斎藤健雄さん(81)の紹介で、刺繍の技術の高いベトナムで胴掛2枚の制作を進めていた。

 川口良正理事長(68)は「町内の方々が積み重ねてきた資金協力で完成できた。日本とベトナムの刺繍の技術が融合した美しさをぜひ間近で見てほしい」と話す。10日午後1時半~3時に下京雅小会議室で一般公開。無料。

【 2018年06月09日 19時30分 】

ニュース写真

  • 今年完成した太子山の右側を飾るベトナム刺繍の胴掛+(京都市下京区・下京雅小)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      玉城氏、沖縄知事選出馬検討へ
      翁長氏指名「重く受け止める」

      20180819000123

       9月の沖縄県知事選に向け、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する県政..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      高谷は銀、高橋らが銅
      レスリング・19日

      20180820000003

       レスリング男子フリースタイル5階級が行われ、65キロ級の高谷大地(自衛隊)が決勝でイン..... [ 記事へ ]

      経済

      過疎地に簡易給油所導入へ
      タンクローリーを活用

      20180819000090

       ガソリンスタンド(給油所)が減少している地域で給油手段を確保するため、経済産業省が「ど..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      西田幾多郎の乱筆読み解け 京大院生ら、未公開ノートに挑む

      20180819000045

       「善の研究」などで知られる哲学者西田幾多郎(1870~1945年)の未公開ノートの解読..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      もんじゅ燃料取り出し訓練で警報
      作業中断、再開のめど立たず

      20180819000035

       日本原子力研究開発機構は19日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の使用済み核燃料..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾野党、政権奪還へ民進党批判
      国民党が党大会

      20180819000070

       【台北共同】台湾の最大野党、国民党は19日、台北に隣接する新北市内で年に1度の党大会を..... [ 記事へ ]