出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

庭に鳴き声とピアノの調べ 京都・法然院で共生の催し

絶滅が危ぶまれる生き物をテーマにしたピアノ曲に聴き入る来場者たち(23日午後6時10分、京都市左京区・法然院)
絶滅が危ぶまれる生き物をテーマにしたピアノ曲に聴き入る来場者たち(23日午後6時10分、京都市左京区・法然院)

 生物との共生のため感性を育もうとする催し「感性と共感の環境学『ゼツメツキグシュノオト』を聴きませんか」が23日、京都市左京区の法然院であり、絶滅が危ぶまれる動植物をテーマにしたピアノ曲の演奏や対談を通じ、来場者が自然との寄り添い方を考えた。

 論理的、科学的に環境問題を理解するだけでなく、感じる力が生物を守る行動につながるとの考えから、総合地球環境学研究所(北区)が開いた。

 「ゼツメツキグシュノオト」は、沖縄県在住のイラストレーター茂木淳子さんの絵と詩に作曲家の春畑セロリさんが曲をつけたピアノ曲集。約60人が集まった会場では、ナゴランやイリオモテヤマネコなどの名前がついた曲が披露された。

 続いて、来場者は森に続く庭を眺めながら、キビタキやモリアオガエルなどの鳴き声に耳を傾けた。春畑さんや茂木さん、同研究所の阿部健一教授(環境人間学)の対談もあり、「生物多様性では生物がバラバラにたくさん生きているのではなく、つながっていることが大切」などと語り合った。最後に再びピアノ曲が演奏され、参加者は時折目を閉じながら聞き入った。

【 2018年06月23日 23時34分 】

ニュース写真

  • 絶滅が危ぶまれる生き物をテーマにしたピアノ曲に聴き入る来場者たち(23日午後6時10分、京都市左京区・法然院)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      露店爆発、犠牲者を追悼 京都・福知山

      20180816000175

       3人が死亡した京都府福知山市の露店爆発事故の犠牲者追悼法要が16日、同市中ノの市厚生会..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      吉川投手、大リーグ挑戦の意向
      社会人パナから日本プロ経ず

      20180817000003

       社会人野球パナソニックの吉川峻平投手(23)が米大リーグ挑戦の意向を持っていることが1..... [ 記事へ ]

      経済

      エアアジア、欧米便に意欲
      日本発着の国際線強化も

      20180816000157

       マレーシアの格安航空会社(LCC)大手エアアジア・グループのトニー・フェルナンデス最高..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パーキンソン病の薬候補を発見
      東大、既存薬から

      20180817000001

       脳の神経細胞が減少し、手足の震えや歩行障害が起きるパーキンソン病の治療薬候補として、現..... [ 記事へ ]

      国際

      米大統領元側近の評決判断
      ロシア疑惑捜査、初の陪審審理

      20180817000002

       【ワシントン共同】米政権を巡るロシア疑惑捜査に端を発して詐欺罪などに問われたトランプ陣..... [ 記事へ ]