出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

芸舞妓、浴衣でもてなし乾杯 京都・上七軒でビアガーデン

芸舞妓のもてなしで、にぎやかにオープンした上七軒のビアガーデン(1日午後6時4分、京都市上京区)
芸舞妓のもてなしで、にぎやかにオープンした上七軒のビアガーデン(1日午後6時4分、京都市上京区)

 芸舞妓たちが涼しげな浴衣姿でもてなす「上七軒ビアガーデン」が1日夕、京都市上京区の上七軒歌舞練場で始まった。この日、市内は最高気温34・9度の真夏日に。夕方になっても蒸し暑さが残る中、来場者は京ならではの風情を楽しみながらのどを潤した。

 芸舞妓たちは今年新調した藤色や桃色などの浴衣姿で会場を巡り、客をもてなした。堤灯が揺れる庭席には、乾杯のグラスを合わせる音や笑い声が響いた。左京区の会社役員大原馬左勝さん(56)は「ここで飲むビールはやっぱり格別。いよいよ夏が来た」とグラスを傾けた。

 舞妓の市彩さん(17)と勝貴さん(16)は「お席の風情やお話を楽しんでもろて、少しでも夏の暑さを忘れてもらえたらうれしおす」と話していた。

 上七軒ビアガーデンは1948年ごろから始まり、夏の恒例行事として定着した。9月5日まで、午後5時半~10時に営業する。8月14~16日は休み。上七軒歌舞会075(461)0148。

【 2018年07月01日 23時13分 】

ニュース写真

  • 芸舞妓のもてなしで、にぎやかにオープンした上七軒のビアガーデン(1日午後6時4分、京都市上京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース