出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

綾傘鉾稚児ら祇園祭の無事祈る 京都、社参の儀

「お千度」で、祭りの無事を祈る稚児たち(京都市東山区・八坂神社)
「お千度」で、祭りの無事を祈る稚児たち(京都市東山区・八坂神社)

 祇園祭の綾傘鉾(京都市下京区綾小路通室町西入ル)の稚児による「社参の儀」が7日、東山区の八坂神社であった。6人の稚児たちが本殿で神事に臨み、祭りの無事を祈った。

 稚児は前祭(さきまつり)の山鉾巡行(17日)で綾傘鉾を先導する役割を担う。稚児たちは父親と「結納の儀」に臨んだ後、朱色の傘を差し掛けられながら南楼門をくぐって本殿に上がった。神木の杉の葉をくるんだ「杉守り」と宣状を受け取り、森壽雄宮司から「巡行では元気いっぱい頑張って下さい」と激励された。神事の後は本殿を3周する「お千度の儀」を行った。

 4年前に兄も稚児を務めたという橋田崇依汰君(7)=宇治市=は「緊張した。お兄ちゃんのように頑張りたいです」と話していた。

【 2018年07月08日 09時49分 】

ニュース写真

  • 「お千度」で、祭りの無事を祈る稚児たち(京都市東山区・八坂神社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース