出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

いけばな、祇園祭に彩り 京都・四条通の33店

祇園祭でにぎわう四条通を彩るいけばな展(京都市東山区四条通東大路西入ル)
祇園祭でにぎわう四条通を彩るいけばな展(京都市東山区四条通東大路西入ル)

 酷暑の街角に涼感を運ぶ「祇園祭にいける いけばな展」が15日、祭りでにぎわう京都市中心部の四条通で始まった。祇園石段下から四条烏丸にかけての33店を彩っている。

 祇園祭には厄よけを願い、ヒオウギを生ける慣習があることから、京都いけばな協会と四条繁栄会、祇園両商店街振興組合が毎年この時期に開催している。同協会に加わる33流派の代表者が、盛夏の花に趣向を凝らした。

 真っすぐに伸びたフトイが山鉾を思わせたり、オレンジの花が愛らしいサンダーソニアやピンポン菊などで花火をイメージさせる作品などが並んだ。ハスやスイレン、ガマなどは水辺のやすらぎも感じさせ、観光客らが汗を拭いながら見入っていた。17日まで。

【 2018年07月16日 08時30分 】

ニュース写真

  • 祇園祭でにぎわう四条通を彩るいけばな展(京都市東山区四条通東大路西入ル)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース