出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

祇園祭後祭、24日巡行 都大路に山鉾10基

山鉾巡行・後祭先頭の通過予定時刻
山鉾巡行・後祭先頭の通過予定時刻

 日本三大祭りの一つ、祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行が24日、京都市内で行われる。くじ取らずの橋弁慶山を先頭に計10基の山鉾が都大路を進み、平成で最後となる巡行を繰り広げる。酷暑による参加者の体調を配慮して同日実施予定だった花傘巡行は中止が決まっている。

 後祭の巡行は、2014年に49年ぶりに復興してから5回目を迎える。午前9時半、橋弁慶山が中京区御池通烏丸を東へ向けて出発する。その後、河原町通を南進して四条通を西に進む。御池通寺町では、巡行順を確認する「くじ改め」がある。

 後祭の巡行がなくなった1966年に始まった花傘巡行は中止となるが、同日夜には3基の神輿(みこし)が八坂神社へ戻る還幸祭がある。

 後祭の山鉾巡行順は次の通り。

 (1)橋弁慶山(2)北観音山(3)黒主山(4)鯉山(5)鈴鹿山(6)南観音山(7)役行者(えんのぎょうじゃ)山(8)浄妙山(9)八幡山(10)大船鉾

【 2018年07月23日 08時20分 】

ニュース写真

  • 山鉾巡行・後祭先頭の通過予定時刻
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース