出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

和の香り体験施設、京都に 老舗・松栄堂が「薫習館」

オープンした薫習館の1階。特注の設備で香りを体感できる(京都市中京区)
オープンした薫習館の1階。特注の設備で香りを体感できる(京都市中京区)

 香老舗の松栄堂(京都市中京区)が、和の香りを体験できる施設「薫習(くんじゅう)館」を京都本店の隣接地(同区烏丸通二条上ル)にオープンさせた。貴重な天然香料をかいだり、香の製造過程を学んだりできる。

 薬問屋の中川安(現・アルフレッサの前身の一つ)が1959年に建設したビルを取得。元の外観を生かしながら、1、2階を体験施設、5階をホールにそれぞれ改装した。3、4階はオフィスとして活用している。

 1階約445平方メートルでは、容器に入った麝香(じゃこう)や桂皮など5種類の原材料の香りを体感したり、天井からつるされた箱に頭を入れて温めた香りを楽しんだりできる。百年ほど昔の線香の製造工程も模型で学べる。ギャラリーも設けている。

 2階は20席分の椅子とテーブルを備えており、茶道や香道の体験などのイベントを催す。年内のオープンを目指す美術品などの展示室もある。5階は面積約130平方メートルのホールで、講演やイベントなどの交流の場として活用する。

 本店1階も面積を1・7倍の約160平方メートルに拡大。製造工程の実演などを行うスペースを設けたほか、薫習館とつないで直接移動できるようにした。

 畑正高社長は「和の香りのワンダーランドができた。香りに五感で出合ってほしい」と話した。1階の体験施設は午前10時~午後5時(不定休)。無料で利用できる。

【 2018年08月09日 11時51分 】

ニュース写真

  • オープンした薫習館の1階。特注の設備で香りを体感できる(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      露店爆発、犠牲者を追悼 京都・福知山

      20180816000175

       3人が死亡した京都府福知山市の露店爆発事故の犠牲者追悼法要が16日、同市中ノの市厚生会..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      吉川投手、大リーグ挑戦の意向
      社会人パナから日本プロ経ず

      20180817000003

       社会人野球パナソニックの吉川峻平投手(23)が米大リーグ挑戦の意向を持っていることが1..... [ 記事へ ]

      経済

      エアアジア、欧米便に意欲
      日本発着の国際線強化も

      20180816000157

       マレーシアの格安航空会社(LCC)大手エアアジア・グループのトニー・フェルナンデス最高..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      パーキンソン病の薬候補を発見
      東大、既存薬から

      20180817000001

       脳の神経細胞が減少し、手足の震えや歩行障害が起きるパーキンソン病の治療薬候補として、現..... [ 記事へ ]

      国際

      米大統領元側近の評決判断
      ロシア疑惑捜査、初の陪審審理

      20180817000002

       【ワシントン共同】米政権を巡るロシア疑惑捜査に端を発して詐欺罪などに問われたトランプ陣..... [ 記事へ ]