出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

古書混入の髪で江戸期の食事分析 龍谷大、幕末は海水魚増加

表紙に人の毛髪が混じっていた江戸時代の書籍(丸山敦准教授提供)
表紙に人の毛髪が混じっていた江戸時代の書籍(丸山敦准教授提供)

 江戸時代の書籍に使われた再生紙に混じる人の毛髪を分析し、当時の人の食事の内容を科学的に明らかにする手法を開発した、と龍谷大などの研究グループが28日までに発表した。米や野菜、海水魚に大きく依存し、幕末になるにつれて漁業が発展して海水魚の割合が増加したという。英科学誌に掲載された。

 過去の食生活を調べるには、炭素や窒素など同じ元素でも中性子の数の違いで重さの異なる安定同位体に注目した手法がある。食材となった生物の餌などによって同位体の比率は異なる。海水魚では重い窒素の割合が動物の肉より多く、米とアワの違いも分かる。近年、発掘された人骨のコラーゲンが分析されているが、サンプルを入手しにくいことが課題だった。

 丸山敦准教授らは、江戸時代の都市部で庶民向けに大量に出版された書籍に注目。表紙に使われた再生紙の繊維内には、偶然か故意かは不明だが毛髪が混じっている。今回、1685~1865年に出版された計54冊から取り出した毛髪の同位体を分析した。

 現代よりも、江戸時代は米や野菜、海水魚に大きく偏っていた。江戸中期から幕末になるにつれ、海水魚の割合が上昇。漁業の発展に伴い直接食べた量が増えただけでなく、イワシを材料にした肥料「干鰯(ほしか)」が普及し、野菜に取り込まれた海水魚由来の窒素を食べたとみられる。

 丸山准教授は「出版時期や場所が分かる書籍から入手できる毛髪で研究を進めれば、地域による違いなど当時の食生活をさらに詳しく復元できる」と期待する。

【 2018年08月29日 09時12分 】

ニュース写真

  • 表紙に人の毛髪が混じっていた江戸時代の書籍(丸山敦准教授提供)
  • 再生紙の繊維に混じっていた毛髪(丸山敦准教授提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      大村愛知県知事が3選出馬へ
      27日にも議会で表明

      20180926000215

       愛知県の大村秀章知事(58)が来年2月の任期満了に伴う知事選に3選を目指して立候補する..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      天皇杯、鹿島と磐田が準々決勝へ
      鹿島は広島に延長勝利

      20180926000216

       サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)..... [ 記事へ ]

      経済

      スズキ、改ざん新たに2737台
      国交省批判、再発防止指示

      20180926000180

       スズキは26日、自動車の燃費や排ガスの測定検査で、二酸化炭素(CO2)の排出量を意図的..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日本最古、学生寮の暮らしは? 退去期限迫る京大吉田寮

      20180924000059

       現存する国内最古の学生寮とされる京都大吉田寮(京都市左京区)の先行きが不透明になってい..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      崩落土砂180m先到達、厚真町
      再発の可能性も

      20180926000178

       北海道の地震で、砂防学会は26日、厚真町で発生した土砂崩れの第1次調査報告を公表した。..... [ 記事へ ]

      国際

      中国が「地下教会」弾圧かと懸念
      バチカンとの合意で香港枢機

      20180926000213

       【香港共同】カトリック教会香港教区の元司教、陳日君枢機卿(86)は26日、キリスト教カ..... [ 記事へ ]