出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

秀吉が埋めた堀跡か 京都改造の一端示す遺構発見

発掘調査で見つかった室町時代末期の堀跡(点線)。堀跡の2カ所にある石は橋の礎石とみられる=29日午後2時50分、京都市中京区錦小路通烏丸東入ル
発掘調査で見つかった室町時代末期の堀跡(点線)。堀跡の2カ所にある石は橋の礎石とみられる=29日午後2時50分、京都市中京区錦小路通烏丸東入ル

 京都市中京区錦小路通烏丸東入ルの発掘調査で、室町時代末期ごろの堀跡が見つかり、関西文化財調査会(上京区)が29日、発表した。堀は寺院を囲っていたとみられ、豊臣秀吉が洛中の寺院を強制移転させた際に埋められた可能性がある。天下人となった秀吉による京都改造の一端を示す遺構という。

 場所は、平安京左京四条三坊十四町に当たる駐車場の建設予定地(約520平方メートル)で、7月から発掘調査を進めている。

 堀跡は全長16メートル、幅4メートル、深さ1・4~1・7メートルで、底が狭くなる逆台形だった。戦国期の上京や下京の街区や寺院を囲った堀に近い形や規模という。一方、北西から南東に伸びる途中でほぼ120度に屈曲する点が特徴で、底には堀に架かる橋のためとみられる礎石が2カ所あった。

 調査地の地名は「元法然寺町」で、鎌倉時代の武将熊谷直実が、浄土宗の宗祖法然を開山に、法然寺を錦小路烏丸に創建したという伝承がある。一帯を含む洛中では、秀吉が京都改造の一環で寺院を強制移転させ、町割りを大胆に変えた。関西文化財調査会は、法然寺が1591(天正19)年、寺町通に移転させられた際、堀も埋められたとみている。

 同調査会の吉川義彦代表は「屈曲した堀の出土は珍しく、六角形の建物や寺院の重要な建築物を囲っていた可能性がある。ただ、堀の埋められた年代を除いて不確実な点が多く、調査検証を続けたい」と話している。

 9月1日午前11時から現地説明会を行う。雨天中止。問い合わせは関西文化財調査会090(3264)3854。

【 2018年08月29日 23時14分 】

ニュース写真

  • 発掘調査で見つかった室町時代末期の堀跡(点線)。堀跡の2カ所にある石は橋の礎石とみられる=29日午後2時50分、京都市中京区錦小路通烏丸東入ル
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース