出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「メタ」セコイヤチョコ発売 フルタ製菓、滋賀・高島のご当地版

「メタ」の2文字でご当地色を強調した新装版(上)と従来品
「メタ」の2文字でご当地色を強調した新装版(上)と従来品

 メタセコイア並木で知られる滋賀県高島市の土産物として人気の「セコイヤチョコレート」ご当地版が、9月から「メタセコイヤチョコレート」と名を改め、販売を開始した。

 セコイヤチョコはフルタ製菓(大阪市)の定番商品。高島限定版は2016年に同市と「包括連携協定」を結んだのを機に、市販品を専用の箱に詰めて売り出した。

 新装版は箱や個包装に「メタ」の2文字を盛り込んだオリジナル仕様。「高島市へ来てね!」のキャッチコピーも躍り、高島でしか手に入らない“ご当地もの”の雰囲気を押し出した。

 並木にほど近い農業公園マキノピックランド(同市マキノ町)には、特設売り場も設けられ、来園者がさっそく買い求めていた。他の観光施設や商店などでも、従来品が売り切れ次第、順次入れ替える。

 10本入り500円、27本入り1500円(いずれも税別)。売り上げの3%は市に寄付され、並木保全に役立てられる。

【 2018年09月04日 11時29分 】

ニュース写真

  • 「メタ」の2文字でご当地色を強調した新装版(上)と従来品
  • パッケージを一新した「メタセコイヤチョコレート」が並ぶ売り場(高島市・マキノピックランド)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース