出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

二条城や植物園など無料開放 京都、文化庁創立50周年など記念

京都を訪れる外国人観光客にも人気の二条城(京都市中京区)
京都を訪れる外国人観光客にも人気の二条城(京都市中京区)

 文化庁創立50周年や国際博物館会議(ICOM)京都大会開催1年前を記念して、京都府や京都市などは30日、二条城(京都市中京区)や府立植物園(左京区)など府内の文化施設を無料開放する。

 市民や観光客が文化に触れる機会を提供し、2021年度の文化庁京都移転に向けた機運を盛り上げる。

 ほかに無料開放するのは、京都文化博物館(中京区)、堂本印象美術館(北区)、丹後郷土資料館(宮津市)、山城郷土資料館(木津川市)など。市町の施設では京都市立動物園(左京区)や無鄰菴(同)、岩倉具視幽棲旧宅(同)、舞鶴引揚記念館(舞鶴市)、古墳公園(与謝野町)など。

 民間施設では細見美術館(左京区)の企画展「京都の御大礼」と大西清右衛門美術館(中京区)で開催中の「開館二十周年記念展-大西家歴代」も対象となる。

【 2018年09月10日 11時40分 】

ニュース写真

  • 京都を訪れる外国人観光客にも人気の二条城(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース