出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

止まっている電車内で生ビール 近江鉄道が「鉄バル」

「鉄バル」会場となる800形電車。2両編成で先着70席(彦根市古沢町・近江鉄道ミュージアム)=同鉄道提供
「鉄バル」会場となる800形電車。2両編成で先着70席(彦根市古沢町・近江鉄道ミュージアム)=同鉄道提供

 近江鉄道は、止まっている電車内で生ビールが楽しめる「鉄バル」を14~16日の3日間、彦根駅東口の同鉄道ミュージアムで開く。彦根駅に出入りする電車を見ながら、2時間飲み放題を楽しめる。

 恒例のイベント列車「ビア電」「ワイン電車」「近江の地酒電車」に使用している800形電車2両編成を使用する。ロングシート(縦座席)の座席にテーブルを特設し、1車両35人の定員で先着70席。予約は受け付けない。

 14日は午後7時~同9時。15、16日は同3時~同7時。荒天中止。スナック菓子などのおつまみが付いて1500円。食べ物の持ち込みも可(食中毒の可能性のあるものは不可)。車内では、ワインと地酒やおつまみの販売もする。同鉄道0749(22)3303。

【 2018年09月12日 09時00分 】

ニュース写真

  • 「鉄バル」会場となる800形電車。2両編成で先着70席(彦根市古沢町・近江鉄道ミュージアム)=同鉄道提供
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース