出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ふなずし使った発泡酒発売へ 滋賀、音楽イベントで披露

野洲市の住民が作ったふなずしを副原料とした発泡酒や、地元で親しまれているタデを使ったビール
野洲市の住民が作ったふなずしを副原料とした発泡酒や、地元で親しまれているタデを使ったビール

 滋賀県野洲市のJR野洲駅南口前で今月に開かれる音楽イベント「オクトーバーフェストやすJAZZ UP!」の実行委員会が同市で初の地ビールを開発した。地元住民が作ったふなずしを副原料とした発泡酒と、郷土食材として親しまれるタデを使ったビールの3種類で、22、23両日の同イベントで販売される。その後も市内で売り出す予定で「野洲ならではの味を試してみて」とPRする。

 イベントは市商工会などでつくる実行委が2015年から開催。県内外のプロやアマチュアのアーティストが奏でるジャズをビール片手に楽しみ、2016年の前回は約2万人が訪れた。「イベントの目玉になる商品を作ろう」と実行委が開発を企画し、醸造は近江麦酒(大津市)に依頼した。

 ふなずしの飯を副原料にした「鮒(ふな)寿しで造ってみました。おのみやす。」は酸味が香る豊かな風味に仕上げ、「鮒ZUSHI BEE」ではニゴロブナの身を使い、誰でも飲みやすいようマイルドな味わいにした。

 三上地区で食されているタデの葉を乾燥させて使用した「蓼(たで)BEE」は、舌に残るピリッとした辛みがビールの味を引き立てる。

 実行委は「他ではあまりない味にした。野洲の味を楽しみつつ、ゆっくりジャズに触れてほしい」と話す。

 330ミリリットルの瓶が500円、サーバーから注ぐ生タイプは480ミリリットルで600円。同イベントは午前11時~午後7時。ジャズライブは無料。アユの塩焼きなどの飲食販売もある。問い合わせは市商工観光課077(587)6008。

【 2018年09月13日 17時30分 】

ニュース写真

  • 野洲市の住民が作ったふなずしを副原料とした発泡酒や、地元で親しまれているタデを使ったビール
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      大村愛知県知事が3選出馬へ
      27日にも議会で表明

      20180926000215

       愛知県の大村秀章知事(58)が来年2月の任期満了に伴う知事選に3選を目指して立候補する..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      世界柔道、朝比奈が決勝進出
      原沢は3位決定戦へ

      20180926000160

       【バクー共同】柔道の世界選手権第7日は26日、バクーで男女各1階級が行われ、女子78キ..... [ 記事へ ]

      経済

      スズキ、改ざん新たに2737台
      国交省批判、再発防止指示

      20180926000180

       スズキは26日、自動車の燃費や排ガスの測定検査で、二酸化炭素(CO2)の排出量を意図的..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日本最古、学生寮の暮らしは? 退去期限迫る京大吉田寮

      20180924000059

       現存する国内最古の学生寮とされる京都大吉田寮(京都市左京区)の先行きが不透明になってい..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      崩落土砂180m先到達、厚真町
      再発の可能性も

      20180926000178

       北海道の地震で、砂防学会は26日、厚真町で発生した土砂崩れの第1次調査報告を公表した。..... [ 記事へ ]

      国際

      中国が「地下教会」弾圧かと懸念
      バチカンとの合意で香港枢機

      20180926000213

       【香港共同】カトリック教会香港教区の元司教、陳日君枢機卿(86)は26日、キリスト教カ..... [ 記事へ ]