出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

台風21号耐えた「今頃ヒマワリ」、京都で見ごろ1万5千本

ヒマワリの様子を見る齋藤さん(京都市西京区大原野)
ヒマワリの様子を見る齋藤さん(京都市西京区大原野)

 京都市西京区大原野北春日町の農地で、ヒマワリが見頃を迎えている。台風21号の強風にも耐え抜き、15日は午前11時から午後2時まで地元農産物の販売などのイベントも開かれる。

 開花時期をずらしてヒマワリ畑を整備して秋の観光場所を作り、大原野の魅力に触れてもらおうと「え!?今頃ひまわり大原野」と題して地元の農家たちでつくるグループ「なんやかんや大原野農家版」が、2013年から取り組んでいる。

 7月下旬にボランティアら計110人と約3300平方メートルの畑に4種の苗計約1万5千本を植えた。台風で倒れたり傾いたりもしたが1メートルほどに成長した黄色の大輪が咲いている。

 グループ代表の齋藤治喜さん(63)によると見頃は9月末ごろまで続くといい、「花が立ち上がろうとする力強い姿を見に来て」と来場を呼び掛けている。

 入園無料(苗代などに使う募金を実施)。駐車場はなく、市バス「境谷センター前」から徒歩約10分。問い合わせは市西部農業振興センター075(321)0551。

【 2018年09月14日 11時41分 】

ニュース写真

  • ヒマワリの様子を見る齋藤さん(京都市西京区大原野)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース