出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

酒サムライにEXILE橘さんら 日本酒文化発信へ

「酒サムライ」の叙任状を手渡される橘さん(京都市西京区・松尾大社)
「酒サムライ」の叙任状を手渡される橘さん(京都市西京区・松尾大社)

 全国の蔵元の若手経営者らでつくる日本酒造青年協議会は、日本酒をPRする「酒サムライ」に人気グループ「EXILE」の橘ケンチさんら7人を選び、26日に酒造の神をまつる京都市西京区の松尾大社で叙任式を行った。

 酒サムライは、日本酒文化を国内外に発信してもらおうと、同協議会が2005年から毎年、料理人や歌手、酒販会社経営者らを選んでいる。

 今年は橘さんのほか、フリーアナウンサーのレイチェル・チャンさん、酒類販売会社の山仁(宇都宮市)の大橋健一社長、九谷焼窯元の鏑木商舗(金沢市)の鏑木基由社長らが選ばれた。

 式ではそれぞれに叙任状を手渡した。式典後の会見で橘さんは仕事で全国の酒蔵を回っていることを紹介し、「これからお酒を飲み始める若い人にも日本酒のおいしさを知ってもらいたい」と語った。

【 2018年09月26日 22時52分 】

ニュース写真

  • 「酒サムライ」の叙任状を手渡される橘さん(京都市西京区・松尾大社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース