出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

乃木坂メンバー、作品への思い語る 京都で「日本フェス」開幕

乃木坂46のメンバーも参加した京都日本フェスティバル2018の開会セレモニー(京都市上京区・北野天満宮)
乃木坂46のメンバーも参加した京都日本フェスティバル2018の開会セレモニー(京都市上京区・北野天満宮)

 古典と現代を融合させる文化イベント「京都日本フェスティバル2018」(実行委員会主催)が6日、京都市上京区の北野天満宮で始まった。人気アイドルグループ乃木坂46メンバーが現代芸術家や華道家元池坊と協力して制作した作品などが境内の文道会館や茶室で展示され、初日から大勢のファンらが集まった。

 開会セレモニーには、乃木坂46の秋元真夏さん、桜井玲香さん、若月佑美さんが出席。イベントに合わせ華道家元池坊で学んだ体験や、出展した作品への思いを語った。男性華道家でつくるIKENOBOYS(イケノボーイズ)の生け花パフォーマンスなども披露された。

 文道会館では、現代美術家の川人綾さん、北林加奈子さん、島田清夏さんによる天満宮にちなんだ映像作品や、乃木坂46の21種類の衣装も展示。茶室の明月舎と松向軒では期間限定で、9月の台風21号の際に倒れた木を使った「祈りのいけばな」や、乃木坂46メンバーの生け花作品も並べた。

 フードエリアでは秋元さんと料亭「京都吉兆」が共同開発した「真夏ヘルシー麺」なども販売され、行列ができていた。

 12月2日まで。詳細は同フェスティバルホームページで。

【 2018年10月06日 23時10分 】

ニュース写真

  • 乃木坂46のメンバーも参加した京都日本フェスティバル2018の開会セレモニー(京都市上京区・北野天満宮)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース