出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「そうだ、京都」振り返ろう JR東海のポスター展、東京

1993年秋の清水寺ポスターを背に「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンの25年を振り返る長塚さん(東京都港区南青山)
1993年秋の清水寺ポスターを背に「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンの25年を振り返る長塚さん(東京都港区南青山)

 今秋で25周年を迎えるJR東海の京都誘客キャンペーン「そうだ 京都、行こう。」をポスターで振り返る展示会が9日から東京都内で始まり、四半世紀にわたって京都の魅力をPRしてきた歴史を伝えている。

 同キャンペーンは1993年秋にスタート。首都圏を中心に大型観光ポスターやテレビCMで四季折々の京都を紹介してきた。今秋のキャンペーンでは、紅葉が映える京田辺市の酬恩庵一休寺を取り上げる。

 東京都港区のギャラリーでは、25年にわたりCMのナレーションを務めてきた俳優の長塚京三さん(73)が開会行事に参加。93年秋に初めてつくられた清水寺の大型ポスターなど、8作品を眺めて当時を振り返った。

 今秋の一休寺版CMを最後に同キャンペーンのナレーションを終える長塚さんは「企業のCMという意識より、京都に対する気持ちや思いをコピーの力を借りて代弁していた。とても気持ちよく25年間やらせていただいた」と話していた。

 展示会は都内3会場で開かれ、最終は11月8日。

【 2018年10月10日 12時01分 】

ニュース写真

  • 1993年秋の清水寺ポスターを背に「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンの25年を振り返る長塚さん(東京都港区南青山)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース