出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

370年前そのままの色鮮やかな明王 京都・仁和寺で初公開

初公開された金堂内の五大明王像(13日午前9時42分、京都市右京区・仁和寺)
初公開された金堂内の五大明王像(13日午前9時42分、京都市右京区・仁和寺)

 京都市右京区の仁和寺で13日、金堂(国宝)の北側部分に当たる空間「裏堂」の初公開が始まった。壁面には約370年前に描かれた5体の明王の絵があり、色鮮やかな憤怒の形相を間近で見ることができる。

 金堂は江戸初期に京都御所の紫宸殿(ししんでん)を移築した建物。絵は本尊・阿弥陀三尊背後の壁面の裏側にあり、1646(正保(しょうほう)3)年の伽藍(がらん)再建完成後の間もない時期に絵仏師木村徳応らが、仏法を守る願いを受けて描いたとされる。

 絵は高さ2・2メートル、奥行き約15メートルの壁にあり、不動明王を中心に五大明王が青や赤などの絵の具で描かれている。裏堂には日光が差し込まなかったため、完成当時とほぼ同じ鮮明な絵が見られる。

 今年、瀬川大秀門跡(71)が就任したことを記念し、同寺が公開を決めた。公開に先立ち読経した瀬川門跡は「色が残っており迫力がある。みなさんに拝んでいただきたい」と話した。公開は12月16日まで(行事のため休止日あり)。拝観料800円、高校生以下無料。

【 2018年10月13日 18時56分 】

ニュース写真

  • 初公開された金堂内の五大明王像(13日午前9時42分、京都市右京区・仁和寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース