出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

旧豊郷小に「お化け屋敷」4年ぶり復活 滋賀、28日開催

「とよさとハロウィン」のお化け屋敷で登場するお化け(豊郷町・旧豊郷小)=同町観光協会提供
「とよさとハロウィン」のお化け屋敷で登場するお化け(豊郷町・旧豊郷小)=同町観光協会提供

 ハロウィーンに合わせた恒例の催し「とよさとハロウィン」が28日、滋賀県豊郷町石畑の旧豊郷小校舎で開催される。普段は非公開の教室を使ったお化け屋敷が4年ぶりに復活する。

 お化け屋敷は主催する町観光協会の設立20周年を記念して催す。ヴォーリズ建築の理科室や貴賓室を舞台に、お化けやゾンビが襲いかかってくる中で校舎からの脱出を目指す。有料で先着35組。午後5時半から整理券を配布する。

 午前10時~午後4時は会場で仮装が可能で、中学生以下の参加者には菓子がもらえる時間帯がある。近江牛の鍋ものや町の特産カボチャ「とよ坊かぼちゃん」のプリンを先着各100人に無料で振る舞うイベントなどもある。同協会0749(35)3737。

【 2018年10月25日 16時50分 】

ニュース写真

  • 「とよさとハロウィン」のお化け屋敷で登場するお化け(豊郷町・旧豊郷小)=同町観光協会提供
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース