出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

彦根藩2代目の長男井伊直滋の甲冑発見 滋賀・永源寺で

直滋のかぶとの天衝。脇から立てる藩主用の意匠となっている(滋賀県東近江市永源寺高野町・永源寺)
直滋のかぶとの天衝。脇から立てる藩主用の意匠となっている(滋賀県東近江市永源寺高野町・永源寺)

 彦根藩井伊家の第2代当主直孝の長男直滋(なおしげ)(1612~61年)の甲冑(かっちゅう)が30日までに滋賀県東近江市永源寺高野町の永源寺で見つかった。直滋は当主にならなかったが、かぶとには、角のような装飾の「天衝(てんつき)」を脇に立てる当主用の意匠が施されており、調査した彦根城博物館(彦根市)は「井伊家の甲冑を考える上で貴重な発見」としている。

 見つかったのは、かぶとや具足、小手、すね当てなど甲冑を構成する8点。朱漆を塗ってあり、「赤備え」と呼ばれる井伊家の甲冑の特徴が見られる。今年4月、蔵の整理をしていた同寺関係者が見つけた。

 かぶとに角のように取り付ける天衝は左右に2本あり、1本が長さ約50センチ。木地に金箔が施され、かぶとから外れた状態で見つかった。

 同博物館によると、同藩の家臣は天衝をかぶとの前部に取り付ける決まりで、家中の軍法で、当主だけが脇に立てることができた。

 甲冑とともに元禄5(1692)年に書かれた文書も見つかり、井伊家の世話役から同寺にあてて「江戸の屋敷の土蔵から(甲冑が)出てきた。焼くことも考えたが相談し、預ける」と記されていた。

 直滋は井伊家の世継ぎとされ、3代将軍家光に取り立てられたが、直孝との不仲などもあり晩年に俗世を離れて百済寺(東近江市)で生涯を閉じたと伝わる。藩の依頼で葬儀は永源寺で行われ、本堂には直滋の位牌(いはい)が残されている。

 甲冑のほか、鎖かたびらや腰に付ける弁当箱なども見つかった。同寺は見つかった品を11月1日から30日まで本堂で展示する。同寺の法務・文化財担当の森慈尋さん(48)は「彦根藩と永源寺のつながりを考える上で貴重な発見」としている。入山有料。永源寺0748(27)0016。

【 2018年10月31日 06時30分 】

ニュース写真

  • 直滋のかぶとの天衝。脇から立てる藩主用の意匠となっている(滋賀県東近江市永源寺高野町・永源寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース