出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

北琵琶湖お得に巡り紅葉楽しんで プレミアム付き金券販売

高島、長浜両市の観光に使える「北びわ湖虹色チケット」
高島、長浜両市の観光に使える「北びわ湖虹色チケット」

 滋賀県長浜、高島両市の観光協会でつくる「北びわ湖広域観光協議会」は、両市の観光施設などで使えるプレミアム付きの金券「北びわ湖虹色チケット」を販売している。

 1枚216円のチケット10枚つづり(計2160円分)で、1セット1800円。道の駅など土産物や特産品を扱うスポット、地元グルメの飲食店など、指定の46カ所で使うことができる。釣り銭は出ない。有効期限は来年1月末日まで。

 紅葉シーズンを迎え、鶏足寺(長浜市)やメタセコイア並木(高島市)などの名所を抱える両市の周遊を促す狙い。主に関西からのレジャー客の多い高島に対し、長浜は中京圏からの観光客も比較的多く、同協議会は「湖北と湖西どちらかだけでなく、双方を巡って観光するきっかけになれば」と話す。

 1400セット限定。12月24日まで両市の観光案内所などで販売している。長浜観光協会0749(65)6521、またはびわ湖高島観光協会0740(33)7101。

【 2018年11月03日 15時29分 】

ニュース写真

  • 高島、長浜両市の観光に使える「北びわ湖虹色チケット」
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース