出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

馬上から俳優佐野史郎さんが一言 赤鬼家臣団と沿道に

馬に乗って行進する井伊直弼役の佐野史郎さん(彦根市金亀町)
馬に乗って行進する井伊直弼役の佐野史郎さん(彦根市金亀町)

 秋の滋賀県彦根市中心部を盛り上げる「第66回ひこねの城まつりパレード」が3日、彦根城周辺で開催された。勇壮な甲冑(かっちゅう)やあでやかな装束姿の参加者約800人が城内や旧城下町を練り歩き、約9万人(主催者発表)の来場者を魅了した。

 市と彦根観光協会の主催。地元の小中学生の吹奏楽部や鼓笛隊を先頭に、鎌倉時代や江戸時代の衣装を再現した「子ども時代風俗行列」や彦根藩伝統の赤色の甲冑「赤備え」をまとった「井伊の赤鬼家臣団」などが約3キロの道のりを進んだ。

 放映中のNHK大河ドラマ「西郷どん」で井伊直弼を演じた俳優の佐野史郎さんも行列にゲスト参加。馬上から彦根城を眺めた佐野さんは「美しき城じゃ」と感想を述べた。「皆の者、ついて参れ」と号令をかけると、沿道の観衆からは拍手がわいた。

 鉄砲隊の火縄銃の実演や彦根鳶(とび)保存会による約6メートルのはしごを使った演舞も披露された。ひこにゃんも来場者に手を振った。

観光で三重県から訪れた会社員青山聡さん(47)は「彦根の歴史や魅力が詰まった行列で、素晴らしいです」と話した。

【 2018年11月04日 13時49分 】

ニュース写真

  • 馬に乗って行進する井伊直弼役の佐野史郎さん(彦根市金亀町)
  • 来場者に手を振るひこにゃん
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース