出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

7代目「おけいはん」 女優の中川可菜さん起用

7代目「おけいはん」に決まった中川可菜さん
7代目「おけいはん」に決まった中川可菜さん

 京阪ホールディングス(大阪市)は8日、テレビCMやイベントに出演する女性モデルの新「おけいはん」に、女優の中川可菜さん(21)を起用すると発表した。2000年から続く「おけいはん」キャンペーンも刷新し、京都に軸足を置いたPR戦略に変える。

 中川さんは奈良県出身。7代目となる「おけいはん」は、京都・東山の旅館の娘という設定で、役名は「三条けい子」。9日からテレビCMを放映する。大阪市内で開いた発表会に中川さんは着物姿で登場し、「京都や沿線の魅力を国内外の人に伝えたい」と抱負を語った。

 5、6代目と2代続いたモデルの公募を改め、今回は女優を抜てき。京都への誘客強化のため、沿線の社寺や伏見、宇治の特産品などを重点的にPRする。

【 2018年11月08日 21時47分 】

ニュース写真

  • 7代目「おけいはん」に決まった中川可菜さん
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース