出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

白い雲海に紅葉の山々、幻想的に 滋賀・小入谷

木々が色づく中、早朝の谷間に出現した雲海(11日午前6時58分、滋賀県高島市朽木小入谷)
木々が色づく中、早朝の谷間に出現した雲海(11日午前6時58分、滋賀県高島市朽木小入谷)

 滋賀県と福井県の県境にある滋賀県高島市朽木小入(おにゅう)谷に11日朝、雲海が広がった。木々が色づく中、幻想的な光景が現れ、多くの写真愛好家たちがレンズを向けていた。

 雲海は、冷え込みが厳しく、よく晴れて風のない朝に現れる。小入谷の林道は台風被害の復旧工事のため同日夕方から11月末まで通行止めとなり、雲海と紅葉の競演を眺めることができるのは今年はこの日が最後となった。

 午前7時前に朝日が見え始めると、オレンジ色や黄色に色づいた山を照らし、白い雲海と鮮やかなコントラストを描いた。

【 2018年11月12日 23時34分 】

ニュース写真

  • 木々が色づく中、早朝の谷間に出現した雲海(11日午前6時58分、滋賀県高島市朽木小入谷)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース