出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都鉄道博物館の入館者300万人突破 国内最多53車両を展示

300万人目の入館者を記念して開かれたセレモニー=京都市下京区・京都鉄道博物館
300万人目の入館者を記念して開かれたセレモニー=京都市下京区・京都鉄道博物館

 京都鉄道博物館(京都市下京区)の入館者数が13日、300万人を突破し、記念のセレモニーが開かれた。

 同博物館は2016年4月にグランドオープン。蒸気機関車や新幹線など国内最多の53車両を収蔵・展示する日本最大級の鉄道博物館として、京都を代表する観光スポットになっている。

 300万人目になったのは、近所の友人らと日帰り旅行で訪れた主婦(62)=和歌山市。三浦英之館長から認定証と記念品を贈られ、「まさか自分とは思わず、びっくりした。鉄道ジオラマや扇形車庫を見るのが楽しみ」と話していた。

【 2018年11月13日 18時59分 】

ニュース写真

  • 300万人目の入館者を記念して開かれたセレモニー=京都市下京区・京都鉄道博物館
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース