出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

多彩な光に浮かび上がる三重塔 京都南部の寺で初のライトアップ

試験点灯で木々がさまざまな色に染まった岩船寺の参道(木津川市加茂町)=同市提供
試験点灯で木々がさまざまな色に染まった岩船寺の参道(木津川市加茂町)=同市提供

 重要文化財の三重塔などがある京都府木津川市加茂町の岩船寺で24日夜、秋の境内ライトアップが初めて行われる。さまざまな色に変化する明かりで境内や参道を照らし、特別法要やコンサートも開かれる。

 秋の紅葉に彩られた境内を楽しんでもらおうと、同寺などが企画する。境内や三重塔をまばゆい光で照らし出す。参道には灯籠も置いて風情を演出する。午後6時40分からは心願成就の特別祈願法要を営み、同7時からクラシック音楽のコンサートも開く。植村海宥副住職(51)は「昼間とは違う、幻想的な夜のお寺を楽しんでほしい」と話している。

 午後5時半から同8時半。入山料800円。JR木津駅から無料シャトルバスが30分間隔で運行。市観光商工課0774(75)1216。

【 2018年11月19日 09時04分 】

ニュース写真

  • 試験点灯で木々がさまざまな色に染まった岩船寺の参道(木津川市加茂町)=同市提供
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース