出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

目利きに挑戦、選んだ食材で懐石 錦市場の「斗米庵」で

川魚店の店員におすすめ品を聞くグループ客たち。料理人(右から2番目)も同行した(京都市中京区・錦市場)
川魚店の店員におすすめ品を聞くグループ客たち。料理人(右から2番目)も同行した(京都市中京区・錦市場)

 NPO法人京都文化協会(京都市下京区)が錦市場で運営する食文化体験施設「斗米庵(とべいあん)」(中京区)で11月26日から、客が選んだ食材でつくった懐石コースを提供する。錦市場で実際に目利きに挑戦し、「京の台所」を体感してもらう。

 2018年4月にオープンした斗米庵は、割烹「祇園さゝ木」(東山区)の協力でコース料理を提供している。新企画では京都錦市場商店街振興組合が協力し、高品質で旬の食材がそろう卸業としての魅力発信を狙っている。

 「あなた専用の懐石コース」(全7品)では、刺し身の魚やメイン料理の食材、和菓子などが市場で選べる。客は午前中に来店し、斗米庵のスタッフとともに鮮魚店や川魚店、菓子店を訪問して食材を選ぶ。

 各店でおすすめの食材や食べ方を店員から聞けるほか、調理法も斗米庵の料理人と相談できる。夜に再来店すると、選んだ食材がコース料理となって提供される。

 試験的に招待客のみで行った際に参加した通訳の女性(46)=宇治市=は「店員と直接やりとりでき、食材への知識が深まった。自ら組み合わせられる特別感がうれしい」と話していた。

 1日1組限定(最大10人)で、1人1万8千円。3日前までに予約が必要。斗米庵075(257)7666。

【 2018年11月21日 10時45分 】

ニュース写真

  • 川魚店の店員におすすめ品を聞くグループ客たち。料理人(右から2番目)も同行した(京都市中京区・錦市場)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース