出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

反射する紅葉美 大津・旧竹林院で「SNS映え」庭園

鮮やかに色づいた庭園の紅葉が座卓に映り込む(大津市坂本5丁目・旧竹林院)
鮮やかに色づいた庭園の紅葉が座卓に映り込む(大津市坂本5丁目・旧竹林院)

 大津市坂本5丁目の旧竹林院で紅葉が見頃となり、国指定名勝の庭園を鮮やかに彩っている。今秋は座卓に風景が映り込む「SNS映え」の仕掛けが設けられ、訪れた人たちが撮影を楽しんでいる。

 旧竹林院は延暦寺の元里坊で市が所有する。約3300平方メートルの庭園が広がり、コケや常緑樹の緑に、色づいたカエデやドウダンツツジが存在感を放つ。

 反射した風景を気軽に撮影し、SNSに投稿してもらって誘客につなげようと、表面に光沢のある座卓を主屋の1、2階に置いた。

 東京から京滋観光に訪れた会社員女性(24)は「リフレクション(反射)がきれい。感動」とレンズを構えた。紅葉の見頃は12月上旬までという。入場有料。

【 2018年12月01日 12時53分 】

ニュース写真

  • 鮮やかに色づいた庭園の紅葉が座卓に映り込む(大津市坂本5丁目・旧竹林院)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース