出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

水族館デート、こっそり応援 光でムード演出、会話の種紹介も

水槽の生き物に見入る男女の顔を明るく照らすスポットライト(京都市下京区・京都水族館)
水槽の生き物に見入る男女の顔を明るく照らすスポットライト(京都市下京区・京都水族館)

 クリスマス前の男女の恋愛を応援しようと、京都水族館(京都市下京区)は、生き物の鑑賞を一緒に楽しむ中で互いを魅力的に見せるスポットライトや、ロマンチックな会話の種になる冊子を館内各所に設置している。陰からこっそりデートを支え、恋愛成就につなげる。

 男女ペアの来館も多いことから、「ラブ サポート プロジェクト」と題して初めて企画した。

 館内では男性用に、デートに役立つポケットサイズの冊子を無料で配布。繁殖期になると体が「婚姻色」と呼ばれる特別な色に変わるオイカワや、雄の熱心なアプローチで結ばれたカップルから生まれたオットセイなど、館内の生き物の豆知識を豊富に紹介し、男性のリードで女性に生き物の案内ができるようサポートする。

 また、生き物の水槽前にはスポットライトと指向性スピーカーを設置。生き物に見入る男女の顔を鮮やかな光で照らし、陰影を際立たせて美しく見せる。スピーカーから男女の耳元に直接流れるクリスマスソングが、幻想的なムードを演出する。

 広報担当の女性(24)は「女性をしっかりエスコートできるよう、男性を応援したい。女性をときめかせて恋愛が成就してくれればうれしい」と話す。

 25日まで。午前10時~午後6時(22~24日は午後8時まで延長)。入館料が必要。

【 2018年12月18日 16時48分 】

ニュース写真

  • 水槽の生き物に見入る男女の顔を明るく照らすスポットライト(京都市下京区・京都水族館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース