出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

芸舞妓が豆まき、両手伸ばす参拝者 京都・八坂神社節分祭

袋に入った豆をまく先斗町の舞妓ら(2日午後1時8分、京都市東山区・八坂神社)
袋に入った豆をまく先斗町の舞妓ら(2日午後1時8分、京都市東山区・八坂神社)

 京都市東山区の八坂神社で2日、「祇園さんの節分祭」が始まり、芸舞妓による奉納舞踊や豆まきがあった。穏やかに晴れ渡った週末とあって境内は参拝者で埋め尽くされた。

 午後1時、先斗町歌舞会の芸舞妓が本殿に参拝した後、舞殿で「梅にも春」を奉納。続いて年男や年女とともに袋入りの豆をまくと、舞殿を囲んだ参拝者が一斉に両手を伸ばしたり帽子をかざしたりして、豆を受け止めようとした。

 家族4人で参拝、7袋を手に入れた山田真輔さん(31)=伏見区=は「豆まきを楽しみに参拝した。たくさんいただいたので、いいことがありそうです」と喜んだ。

 午後3時からは宮川町歌舞会の奉納舞踊と豆まきもあった。節分祭は3日もある。

【 2019年02月02日 19時37分 】

ニュース写真

  • 袋に入った豆をまく先斗町の舞妓ら(2日午後1時8分、京都市東山区・八坂神社)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース