出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ベンチが好き。カフェでくつろぐ「アイドル猫」 滋賀で人気者

ベンチにどっしりと腰掛け、しばらく体勢をキープ
ベンチにどっしりと腰掛け、しばらく体勢をキープ

 滋賀県草津市のJR草津駅周辺で、自転車に乗った飼い主の肩につかまり、散歩に繰り出す猫が「かわいい」「ぬいぐるみみたい」と評判を呼んでいる。人なつっこく、ベンチにどっしりと腰を下ろして写真撮影に応じるなどファンサービスはアイドル級。飼い主は「連れて歩くといろんな人と仲良くなれる」と、愛猫がつないでくれる出会いに感謝している。

 茶色の毛に、印象的なまん丸の目。栗東市の派遣社員小川由里子さん(38)が飼う7歳のオスの「マロン」は、短い足と穏やかな性格が特徴のマンチカンという品種だ。

 「人を怖がらないように育ってほしい」と、生後7~8カ月目から外に連れ出すようになった。肩に乗せる「特訓」を自宅で始め、今では自転車をこいでいる間もしっかりとしがみつく。猫用の服とランドセル、リードを身につけ、週2回ほど街に繰り出している。

 駅東口に自転車を止め、西口の商業施設「エイスクエア」へ行くのが日課だ。小川さんがカフェで一休みする時は、マロンも前足をテーブルに行儀よく置く。ベンチが好きで、背もたれに寄りかかるように座ればしばらく体勢を変えず、気づけば買い物客らの「撮影会」に。「家ではやんちゃなのに、外ではなぜかおとなしいんです」と笑う小川さん。モデルとして頑張った日には、ご褒美にかにかま風味のおやつをあげるという。

 小川さんは30歳で結婚し、流産と子宮外妊娠を経験。その前後には両親を亡くした。昨年10月には、激しいめまいに襲われるメニエール病を発症し、入院生活を送った。今も薬の服用を続けている。

 つらい時期に心を癒やしてくれたのが、マロン。「この子は天使のような存在。街中でいろんな人から声をかけてもらえるし、すごいパワーを持っている。天国からの贈り物だと思っています」

【 2019年02月06日 17時18分 】

ニュース写真

  • ベンチにどっしりと腰掛け、しばらく体勢をキープ
  • カフェでは行儀よく一休みする
  • 小川さんの肩にしがみつく「マロン」(草津市大路2丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース