出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

柿渋総合サイトみんなで作ろう 10日京都で市民セミナー

 関西文化学術研究都市の研究者らでつくる「けいはんなグリーンイノベーションフォーラム(KGIフォーラム)」は10日午後1時半から、山城地域の特産「柿渋(かきしぶ)」をテーマにした市民公開セミナーを、けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK、京都府精華町・木津川市)で開く。

 柿渋の総合ウェブサイト「ウェブ柿渋村」開設に向けた取り組み。「地域の大切なモノを未来に繋(つな)ごう!プロジェクト」と銘打って制作を進めており、「文化」「歴史」「技術」「科学」「先人の知恵伝承」の項目で、柿渋の栽培や製造方法、商品用途、学術研究、体験プログラムなどを紹介する予定。

 セミナーは、KGIメンバーがウェブサイトの内容を紹介し、プロジェクトリーダーの鈴木敏恵さんの進行で意見交換する。無料。定員100人で、当日参加可。詳細はKGIフォーラムのホームページ。

【 2019年02月10日 00時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース