出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

店内で手裏剣投げ、新宿で甲賀忍者を発信、近江牛も 

甲賀市をPRする催しで手裏剣投げに挑戦する参加者(東京都新宿区)
甲賀市をPRする催しで手裏剣投げに挑戦する参加者(東京都新宿区)

 忍者を切り口に滋賀県甲賀市の魅力を発信する催し「甲賀忍者城伝説」が16日、東京・新宿で始まった。忍者気分が味わえる手裏剣投げ体験や、地酒など特産品の販売があり、家族連れらでにぎわった。

 同市と東京滋賀県人会が主催。会場は県人会の法人会員が運営する忍者をテーマにしたレストランで、店頭では忍者姿のスタッフや市職員らが近江牛の肉ずしを振る舞うなど、催しをPRした。

 店内では参加者が手裏剣投げに挑戦。「人さし指と親指で挟んで」など持ち方を教わり、慎重に的を狙った。プロのマジシャンによる忍術風のショーもあり、会場は独特の雰囲気に包まれた。

 特産品のコーナーでは同市産のコメで作ったおにぎりや、地酒、煎茶が販売され、訪れた人たちは「忍者の里」の豊かな食を楽しんでいた。17日まで。午前11時~午後4時。入場無料。

【 2019年02月16日 23時40分 】

ニュース写真

  • 甲賀市をPRする催しで手裏剣投げに挑戦する参加者(東京都新宿区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース